院長ブログ新谷内科クリニックの院長ブログ

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ブログを更新しました 20:58
0
     朝晩が寒く、昼が暑い、いわゆる寒暖の差が激しいためか、のどの痛みを訴えて、来院する方が多くなりました。お気を付けください。
     今日、患者さんのご家族に、「鼻からできるインフルエンザ予防薬があるだろう」と言われました。テレビで紹介されていたみたいです。不勉強な私はまったく知らなかったため、調べてみると、アメリカなどには鼻腔に噴霧するタイプのインフルエンザワクチンがあり、それを日本に輸入して接種している病院があるようです。針を刺さないので痛くなく、また鼻の粘膜に免疫もできるため、感染防御効果が高いように思われます。当然、日本では未認可のワクチンですので、ワクチンの副反応被害の国の救済制度は適応になりません。またこのワクチンは、年齢は2歳〜49歳、喘息などの基礎疾患のない人にしか使用できず、重症化のリスクの高い高齢者や基礎疾患のある人など、ワクチンを接種すべき人に使えないようです。痛みが少ない点で、小児には良いかもしれません。生ワクチンのためか、接種した人の約半数に鼻炎用症状が認められ、1割ぐらいには発熱がみられるようです。日本でも経鼻インフルエンザワクチンの開発は行われているようで、早く使用できるようになればと思います。
     輸入するため、値段も高くなり、今のところ当院では経鼻インフルエンザワクチンを採用する予定はありません。
     
    | - | comments(2) | - | posted by niiya-clinic -
    Comment








    経鼻インフルエンザワクチンについて興味を抱いておりました。明快な解説ありがとうございます。
    posted by 薬剤師S | 2013/11/02 12:23 PM |
    コメントいただき、ありがとうございます。私が調べた範囲なので、ご参考になれば幸いです。
    posted by 院長 | 2013/11/02 2:26 PM |
    << NEW | TOP | OLD>>